低血圧の症状を知って貧血を避ける~ケツケツ貧血改善方法~

メディカル

めまいや立ちくらみの病気

低血圧の症状は、人によって個人差があります。低血圧の症状に合わせて対策や治療を行なっていくことが重要です。

高血圧より注目度が低い

man

よく低血圧の人は貧血を起こすと言われます。その影響で低血圧と貧血は同じだと考えがちですが、実は別のものなのです。低血圧というのは血液の循環がうまくいかないために脳や末端への血流が悪くなり、めまいや立ちくらみを起こします。貧血というのは血液中の赤血球やヘモグロビンが減少して、めまいや立ちくらみを起こします。どちらかわからない場合は、病院で血液検査をすればすぐにわかります。高血圧は色々な症状や病気を引き起こすので注目されていますが、低血圧の場合は他の病気を引き起こすことがないので重要視されない傾向があります。しかし低血圧によるだるさや倦怠感などの症状は、本人にとってはかなり辛いものです。今後は低血圧の症状を緩和させる治療法がもっと確立されていくはずです。

昼型生活のリズムが大切

低血圧には明確な治療法はないのですが、日常生活の工夫で症状を改善することができます。大事なのは生活のリズムを保つことです。例えば夜型生活をしている人は体内のリズムが狂っているので、少しずつ昼型生活に戻すことが必要です。効果があるのは朝起きたらカーテンを開けて朝の光を浴びることです。これによって身体が目覚め、リズムを整えることができます。またシャワーを浴びて身体の目を覚ますことも大事です。低血圧には食事も大事です。栄養バランスのとれた食事をきちんと3食とることです。特に女性は鉄分の多いレバーやうなぎやかつおなどを食べると効果があります。あまり運動をしない人に低血圧の症状が多く見られることから、軽い運動を始めるのもおすすめです。毎日少しずつ実践することが大事です。

症状を軽減させる事が大切

man

低血圧によって引き起こされる症状には、動悸、息切れなど様々なものがあります。これらは血の巡りが悪いために起こる症状です。また、若い女性や小中学生にも低血圧の症状を持つ方が多いと言われています。軽い運動等で症状を軽減出来ない場合はサプリメントの摂取が望ましいでしょう。

» 読んでみよう

自分の体を守る

先生

高血圧の問題が健康問題の一つとして挙げられますが、病院の薬は副作用の心配があるとしてサプリメントを試す人が多くいます。今、市場に出回っているサプリメントの中でも、血圧の上昇を抑えてくれる有効な製品があります。

» 読んでみよう

血圧が高いとどうなるのか

先生

高血圧が続くと動脈硬化が起こりやすく、血管が詰まる原因や破裂する原因になるのです。高血圧の治療には生活の改善と薬によるものが主流となっていますが、リスクによって進め方が異なります。低リスクや中リスクの人であれば、生活習慣の改善とともに血圧を下げる効果が期待できるサプリメントの利用もおススメです。

» 読んでみよう