楽器の修理やメンテナンスをプロに依頼【問題をすぐに解決】

ニュース一覧

1年に1回はメンテナンス

ピアノ

長く付き合える人を選ぶ

子供の習い事で習わせている人も多いピアノですが、ご自宅でも練習できるように購入をしなければならなくなります。かかるお金は、購入代金だけではなく調律する費用もあります。買ったらずっとそのままでいいというわけではなく、弦楽器は定期的にメンテナンスをしないと音がズレていってしまうのです。そういった知識がなく子供に習わせていた場合、間違った音感が身についてしまいかねないのです。では、誰にピアノの調律をお願いしたらいいかですが、せっかく習っているのであればピアノの先生に紹介をしてもらう、購入した音楽店に相談をする、楽器専門の修理店、調律専門の業者にお願いするなどの方法があります。お近くに楽器店や知り合いの先生もいない場合はホームページで探すことができます。インターネット上には、個人で調律をされている方を地域別に探すことができるホームページがありますので、そこで探すことができます。プロフィールや仕事歴、専門学校を卒業している、過去に音楽関係の会社に勤めていた経験があるなどを参考にして決めることができます。ピアノは、一度調律したらそれで終わりではないです。1年に1回はメンテナンスしないとダメなのです。温度や湿度、部屋の環境によって弦が伸びで音が変わってりします。他にも引っ越しなどで移動させた、同一の部屋内のちょっとした移動でも少しの衝撃を与えるだけで音は変わってくるのです。そのためピアノの調律は定期的に必要になります。